このエントリーをはてなブックマークに追加
Topics
機能的でセンスよく!オフィスデザインの鉄板ワザ

見積もり金額と違う時

ワーキングスタイルに合致したようなオフィスというのはどういったものなのかについて検討するためにも、さまざまな企業のオフィスの工夫について知りたいと思っている人もいらっしゃるかもしれません。
オフィスを経営するとなると、やはりオフィス内の課題を解決していくための努力が必要だと考える人も多いのではないでしょうか。
まずは課題点を突き止めるということが大切です。
自社のオフィスとして、本来のオフィスのあるべき姿と、現在のオフィスのありのままの姿というのがどれほど相違があるかについて、定期的にチェックしてみると良いかもしれません。
経営者の思いがしっかりと反映されているようなオフィスであれば、それはオフィスの今後の成長にも寄与することでしょう。
オフィスの増築が必要となる場合に、工事の費用と移転の費用を比較するならば、移転した方が経済的だという結論に至ることもあるかもしれません。
しかし、オフィスの移転のための引越しの見積もり額と実際に請求される金額が違っていることもあるかもしれません。
同じことはほかの工事の費用に関しても言えます。
オフィスの移転に伴って、新しく借りるオフィスの電気工事などの見積もり金額よりも実際にかかっている費用の方が多いというときには、その業者に問い合わせをすることになるかもしれません。
しかし、実のところ工事会社や引越し会社というのは、見積もりをした段階の作業だけでなく、作業の追加の必要性が発生したとか、作業の変更の必要性が発生したなどといった理由で、見積もり金額よりも多めの金額を請求してくることもあるようです。
できるだけ見積もり金額と実際の出費の違いの額が大きなものにならないようにして欲しいと願われることでしょう。
それで、今後借りる予定のオフィスに関しては、大掛かりな工事は控えるようにしたいと考える経営者もいらっしゃるかもしれません。
部屋のスペースが十分でない場合は、ミーティングを開くときには外部のイベントルームを借り切ることによって、なんとかやっていこうと考えることもあるかもしれません。
しかし外部のイベントルームを借りるとなると有料になります。
また、オフィスの形態は絶えず変化しているということで、最近ではフリーアドレスというオフィスも耳にするようになりました。
フリーアドレスのオフィスであれば、従業員が会社に出勤したときに、空いている席に自由に座って作業ができるということです。

関連サイト